住民「子供うるさい」「子どもたちが走り回ってほこりが舞い、車が汚れる」→ 長野市の公園が廃止に

子どもの声がうるさいから公園が廃止…それでいいの?揺れる長野市の現地で徹底取材〈声のチカラ〉

記事によると…

・「子どもの声がうるさいからって公園を廃止してしまって良いのでしょうか?」。本紙「声のチカラ」(コエチカ)取材班に長野市民から疑問の声が寄せられた。都会では子どもの声を嫌って保育園などの用地が確保できない事例があると聞く。いったい何があったのか。現地を訪ね、関係者に話を聞いた。

公園は長野県長野市青木島町大塚にある青木島遊園地。小学校の体育館一つ半ぐらいの広さで閑静な住宅街にある。記者が初めて訪れた11月中旬はツツジやケヤキが見事に紅葉していたが、遊び回る子の姿はなかった。

ふとフェンスの張り紙を見ると「青木島遊園地は、令和5年3月31日をもって廃止いたします」とあった。市役所が作った張り紙だ。原状復旧工事のため今月ごろから閉鎖するとし「長い間ご利用いただき、ありがとうございました」と結んでいた。

管理する市公園緑地課を訪ねた。平沢智課長は「多数の子どもが訪れ、かなりの音が出ていたことが、廃止の一因であることは事実」と説明。隣には児童センターや保育園があり、子どもたちの格好の遊び場。それだけに平沢課長も「断腸の思い」とした。

同課によると、青木島遊園地は2004年4月に地元から要望を受けて開設された。放課後には児童センターで過ごす大勢の子どもたちが遊びに来た。夕方の遅い時間帯には保護者たちのお迎えの車が相次いで出入りした。

だが、まもなく一部の近隣住民から「うるさい」「子どもたちが走り回ってほこりが舞い、車が汚れる」などと苦情が出るようになったという。

そこで市は数年かけて対策を講じた。苦情を寄せた住民の家に子どもがなるべく近づかないよう、園内に最大8メートル幅の帯状にツツジを植えた。出入り口の位置も変更。児童センターでは、子どもを迎えにきた保護者にエンジンを止めるよう呼びかけた。だが、苦情は収まらなかった。

遊園地廃止は昨年3月、苦情を寄せる住民が児童センターを直接訪れ、遊園地で子どもが静かに遊ぶ方法を考えるよう求めたことが直接の決め手になったという。

(略)

12/2(金) 13:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/b03129f990be95b7b25daec9b030e0e1d03bc79f

ゆうステージ青木島遊園地


所在地: 〒381-2241 長野県長野市青木島町青木島乙162−76

ネット上のコメント

子供達の希望の場所は大人の都合で消されて子供達が家で遊べば近隣どもは不健康と騒ぐ

うるさいって言ってる住民は子供の頃どんな生活してたんだろう

滅びの予感がするよ

これで外で遊べないから家でゲームしてたりしたら、また最近の子はうんたらかんたらって言われちゃうんだから終わってるよ。

子供が元気なのは良いことだろ

近所に公園ありますけど、子ども達の遊ぶ姿は良いものですけど。

なんで公園のそばに住んでるの?あとからできたの???



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認