東京都立大学教授の宮台真司さんが首を切りつけられる 男は現在も逃走中

【速報】東京都立大学教授の宮台真司さんが首を切りつけられる 男は現在も逃走中

記事によると…

・東京都立大学で男性が首を切り付けられた事件で、切り付けられたのは社会学者の宮台真司さんであることが分かりました。

・きょう午後4時半前、東京・八王子市の東京都立大の南大沢キャンパスで、「都立大の中で男性が顔を切られた」と目撃者の男性から110番通報がありました。

切りつけられたのは東京都立大教授の宮台真司さんで、キャンパス内の路上にいたところ、頭を後ろから殴られたうえ、刃物のようなもので首を切られ、病院に搬送されましたが命に別状はないということです。

犯人の男は現在も逃走していて、年齢20代から30代、身長はおよそ180センチ、髪は短めで、黒っぽいジャンパーにズボン、がっちりした体格だったということで、警視庁が男の行方を追っています。

2022年11月29日 19時49分
https://news.livedoor.com/article/detail/23287065/

宮台真司


宮台 真司は、日本の社会学者・映画批評家。社会学博士。東京都立大学教授。大学院大学至善館特任教授。「オウム事件真相究明の会」呼びかけ人。宮城県仙台市出身。加速主義者。クリスチャンを自称する。
生年月日: 1959年3月3日 (年齢 63歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

とりあえず命に別状がなくて良かった、、、かなりショッキングです。とりあえずは宮台さんのご無事をお祈りします。

こわっ

切りつけたのは関係のある学生だと推測してみる。

これはやばい

なんてこと・・・

首を狙うとか確実に殺る気だな。ともあれ、無事でなにより。

なんと。無事てよかったです。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認