松木安太郎氏「ドイツに負けてコスタリカに勝ったと思えばいいんですよ!」

松木 安太郎は、日本のサッカー選手・指導者・解説者。0トップ愛好家。元日本代表。日本体育大学体育学部体育学科卒業。従弟は、築地市場場内のマグロ仲卸の生田與克。祖父は大相撲力士の葵竜。

どMなキョンさんのツイート

松木
ドイツに負けてコスタリカに勝ったと思えばいいんですよ

松木安太郎


松木 安太郎は、日本のサッカー選手・指導者・解説者。0トップ愛好家。元日本代表。日本体育大学体育学部体育学科卒業。従弟は、築地市場場内のマグロ仲卸の生田與克。祖父は大相撲力士の葵竜。
生年月日: 1957年11月28日 (年齢 65歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

故 野村克也監督「勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負けなし」

でもこれホンマにそうやわと納得したww

そんな言い方だと反省はしてませんって言ってるようなもんだし、今日の戦いで勢いも止まった。むしろマイナスでは( ´・ω・`)

勝てた試合を落としてんねん。

軽いなーーーー相変わらずw

パチで『前回8万円勝ってるから今回の6万負け大した事ないわ』と強がってる時の顔だわw

これは本当に意味がわからなかった。いいこと言った!みたいなドヤ顔も腹が立ちました!!日本サッカーが世界レベルに足りえない要素を見た気がします。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認