2024年度から1人1000円が徴収される新しい税「森林環境税」とは?

1人1000円取られる税金 なのに活用されない!?

記事によると…

・再来年・2024年度から1人1000円が徴収されることになる新しい税を知っていますか?

その名は「森林環境税」。国内の森林整備などを目的に、住民税に上乗せされる形で納税者から直接徴収されます。先行して別の財源から自治体に交付金が配分される制度が始まっていますが、その使いみちを取材すると、およそ半分が眠ったまま有効に使われていない実態がわかってきました。森林大国・日本で何が起きているのでしょうか。

・2024年度からは国税として、国内に住所がある人から1人1000円、住民税に上乗せする形で「森林環境税」が徴収されます。納税者を約6200万人とすると、税収は1年で620億円に上るといわれています。その税収は全額が「森林環境譲与税」として全国すべての都道府県や市町村に配分されます。納税開始までは2019年度から、先行する形で国庫から交付金として配分が始まっています。

(略)

2022年11月24日
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/92221.html

森林環境税及び森林環境譲与税


2 森林環境税及び森林環境譲与税の仕組み
「森林環境税」は、令和6(2024)年度から、個人住民税均等割の枠組みを用いて、国税として1人年額1,000円を市町村が賦課徴収するものです。
また、「森林環境譲与税」は、市町村による森林整備の財源として、令和元(2019)年度から、市町村と都道府県に対して、私有林人工林面積、林業就業者数及び人口による客観的な基準で按分して譲与されています。

森林環境譲与税は、森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律に基づき、市町村においては、間伐等の「森林の整備に関する施策」と人材育成・担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等の「森林の整備の促進に関する施策」に充てることとされています。
また、都道府県においては「森林整備を実施する市町村の支援等に関する費用」に充てることとされています。
出典:農林水産省

ネット上のコメント

ゴルフ場とソーラーパネルの会社からジャンジャン取ってくれ。

出たパリ協定、、とりあえず太陽光パネルやめたら森林も喜ぶと思います。

また、税金負担増加。働くより生活保護の方が良い暮らし出来るようになりそう(笑)

ハァ?(・Д・)?

どうせ、そのうち一般財源になるのでは

いよいよ呼吸するだけで税がかかるぞ

サイレント増税になるのかな?どっちにしろ有効活用はされないだろうな



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認