中国海警局の「76ミリ砲」搭載の船 日本の領海に初めて侵入

日本領海に…中国海警局の「76ミリ砲」搭載の船、初めて“侵入”確認

記事によると…

・きょう午前10時ごろ、中国海警局の船2隻が沖縄県尖閣諸島、大正島周辺の日本の領海に侵入しました。

このうちの1隻には、主に軍用の艦船に搭載される76ミリ砲が搭載されていて、76ミリ砲を積んだ中国海警局の船の領海侵入が確認されたのは初めてだということです。

2022年11月25日 11時14分
https://news.livedoor.com/article/detail/23261326/

大正島


人民共和国と中華民国が領有権を主張している。日本の行政区分では沖縄県石垣市に属する。別名は赤尾嶼。 日本名の「大正島」について日本政府は地元で呼ばれている名称を地方公共団体が調査し使用しているとしている。
人口: 0人 (2020年11月現在)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

挑発どころか臨戦態勢じゃないか…

これが地上波で伝えられないのは問題だと思うね。海自も出さないんだろうし😥

もはや宣戦布告

入った瞬間こんぶ風ワイヤー絡ませて拿捕とかできんかね

もう軍艦やん いや組織系統的に海警局が実質海軍になっているから今更ではあるけど

デニーは大歓迎。

日本にはいつもの0.1ミリ遺憾砲があるので。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認