防衛費拡充へ調整本格化 与党、法人・所得増税を視野

防衛費拡充へ調整本格化 与党、法人・所得増税を視野

記事によると…

・政府・与党は、有識者会議の報告書を踏まえ、防衛費の規模や財源の調整を本格化させる。

年末に国家安全保障戦略と併せて改定する中期防衛力整備計画(中期防)や2023年度予算編成・税制改正を通じ、今後5年間の歳出・歳入の枠組みを定める方針で、与党内では基幹税目である法人税と所得税に加え、たばこ税、金融所得課税の計4税目の増税論が浮上している。

 報告書では、防衛費拡充の財源について「幅広い税目による負担が必要だ」と明記。原案で財源の候補として盛り込んだ「法人税」の文言は経済界の反発が強く削除した。

 ただ、財源に税を充てるのは容易ではない。足元では物価高が家計を圧迫し、今後も高齢化に伴う社会保険料の負担増も見込まれる中で負担を個人には求めにくい。

 経済界は「薄く広く社会全体、国民全体で負担するのが適切だ」(十倉雅和経団連会長)と法人税を狙い撃ちにした増税論をけん制する。増税による財源が確保できなければ、代わりに新規国債の発行を求める声が自民党内で勢いづく可能性がある。

(略)

11/23(水) 7:14
https://news.yahoo.co.jp/articles/61f429b5c0f862436681aa82ca34951ff946b18d

関連ツイート

岸田文雄


岸田 文雄は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、内閣総理大臣、自由民主党総裁、宏池会会長、自由民主党広島県連会長。 内閣府特命担当大臣、消費者行政推進担当大臣、宇宙開発担当大臣、外務大臣、防衛大臣、自由民主党国会対策委員長、自由民主党政務調査会長などを歴任。 中小企業庁長官、衆議院議員を務めた岸田文武は父。
生年月日: 1957年7月29日 (年齢 64歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

まず年間1200億円もかかる外国人生活保護の廃止が先だろ

無駄遣いばっかりしてるから金なくなるんだろ💢あんたらの給料減らせ💢

インフラ、物価上昇で疲弊してる中これ!?っざけんな☺️

もう、クーデターしかないぜ

国債で賄えればなぁ・・・

某国から頻繁にミサイル飛んで来てるし今の世界情勢的にも日本の防衛費上げるのは大事かもだけど、せめて賃金アップを実感できるようにしてから増税にしてもらいたい😭

居眠りしてる国会議員の給料と、メールで済む文書通信費と、資料を紙に印刷する無駄金を削ってからどうぞ。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認