11歳娘に覚醒剤飲ませ、交際男(49)が無理やりわいせつ行為 & 撮影 母親に懲役3年6月

11歳娘に覚醒剤飲ませ、交際男にわいせつ行為させる 母親に懲役3年6月

記事によると…

・11歳だった娘に覚醒剤を飲ませて交際相手の男にわいせつな行為をさせたなどとして、監護者わいせつや児童ポルノ禁止法違反などの罪に問われた母親の判決公判が22日、大津地裁であり、大嶋真理子裁判官は懲役3年6月(求刑同4年6月)を言い渡した。

・母親はマッチングアプリで知り合った工員の男の被告(49)=大阪市平野区=と共謀して、2020年6月26日、当時11歳だった娘に対し被告の男がわいせつな行為をし、その様子を携帯電話で動画撮影した。さらに今年3月4~5日にも当時13歳だった娘に同様の行為をした。

母親は被告の男の求めに応じて、覚醒剤を混入したコーヒー牛乳を娘に飲ませた上でわいせつ行為に及んでいたという。

・大嶋裁判官
「母親として監護、養育する立場でありながら、被害者が嫌がる様子を示してもやめず、腕をつかんで被告の男にわいせつ行為をさせるなど積極的に関与した」

「信頼を寄せていたであろう母親から被害を受けた精神的、肉体的苦痛が甚大であることは想像に難くない」

・被告の男に脅されたとする弁護側主張については「被告の男との関係を継続したいがために指示や要求に従っていた」と判断した。

被告の男も監護者わいせつや児童ポルノ禁止法違反などの罪で起訴されている。起訴内容の一部を否認しており、大津地裁で公判中。

11/22(火) 20:09
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0a80b7cf64d0086777a1aa6cb41f10ce2011ecf

覚醒剤


覚醒剤とは、薬用植物のマオウに含まれるアルカロイドの成分を利用して精製した医薬品であり、アンフェタミン類の精神刺激薬である。脳神経系に作用して心身の働きを一時的に活性化させる。乱用により依存を誘発することや、覚醒剤精神病と呼ばれる中毒症状を起こすことがある。本項では主に、日本の覚醒剤取締法の定義にて説明する。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

自分の子供にこんな事をするなんて信じられない💢

たった3年6カ月で良いのか⁉️

精神的殺害

鬼畜!😤

小学生がレイプと覚醒剤の記憶を抱えてこれからずっと生きていかなきゃいけないのに、母親が3年6ヶ月で許されるっておかしくない?

ぬるい💀

まさに鬼畜の所業



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認