ゆたぼん父、学校教育に持論「学校に行かなくても道はいくらでもある」「ゆたぼんみたいに冒険すればいい」

ゆたぼん父 学校教育に持論「学校に行かなくても道はいくらでもある」「ゆたぼんみたいに冒険すればいい」

記事によると…

・日本一周を達成した「少年革命家」を名乗る不登校ユーチューバーのゆたぼん(13)の父で実業家の中村幸也氏(42)が21日までに自身のツイッターを更新。学校教育への持論を投稿した。

・中村氏
「学校に馴染めないからといって社会に馴染めないとは限らない。なぜなら学校という小さな箱の中より、社会に出てからのほうが圧倒的に自由度が高いから。自分に合わないと思ったら環境を変えればいいし、ゆたぼんみたいに自分に合う場所を探してそこで自分のスキルを発揮して楽しく生きればいいだけだ」

「学校ではみんなと同じである事を求められるけど、社会ではみんなと違ったアイデアを求められる。ゆたぼんみたいに学校以外で自分の学びたい事を学べば「みんなと同じ知識しかない同世代」と差別化できるし、それが強みにもなる。だから実は社会人としての価値が最小化するリスクも避けられるんだよな」

「人と違った生き方や働き方をしている人を見て『それで一生やっていける保証はない』と言う人がいるけど、それは現代においてはどの職業にだって言えること。『働き方』も『社会人『のあり方も時代と共に変わってきていて、今後はますます所得や学歴より『自己決定『が幸福度を上げる時代になるだろう」

「人生というのは何も学校だけで成り立つわけではなく、学校に行かなくても道はいくらでもある。それに自分のやりたい事を全力でしたほうが本当に大切な事に出会えて感動したりもする。だからゆたぼんみたいに冒険すればいいと思う。何事もやってみない事にはそこから何を得られるかもわからないのだから」

11/21(月) 17:42
https://news.yahoo.co.jp/articles/afe5ae1828521d5f8d1632e8792add664aa0e6a4

中村幸也


中村 幸也は、日本の政治活動家、著述家、実業家。長男はYouTuberのゆたぼん。
生年月日: 1980年3月22日 (年齢 42歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

冒険するなら100%自分の力かつ自分で全責任を負える範囲内でね。☝️✨

働かざるもの食うべからず!

他人に恵んで貰ったお金で、親子で旅行に行く事を冒険と言うの?w

冒険じゃなくて操られるの間違いだろ。ゆたぼん君やグレタちゃんとかさ。

学校行かなくてもどーにかなるけど将来の選択肢は狭まるよね😅

学校に行かなくていいっていう以前に、義務教育の法律を何とかしないといけないというところから始めないとこの問題はムリやと思うぞ

親子で動いていて冒険とか言われても。はじめてのおつかいの方がよほど心に響きますね



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認