【韓国メディア】 シャインマスカット、ルビーロマンに続き『マイハート』まで… またもや日本品種が無断流入

「シャインマスキャット」続いて「マイハート」まで… また日本品種違法流入

記事によると…(韓国語機械翻訳)

・日本の人気ブドウ品種がまた国内に無断で流入したことが分かった。

最近、韓国の大手ディストリビューターは、自社が販売を開始する新しいブドウ品種を「レッドシャインマスキャット」と大々的に広報した。<シャインマスキャット>と<ウインク>ブドウを交配して作られた赤いブドウで、「平均17~18ブリックス(Brix)以上の高い糖度、プルーン・ブドウ・リンゴなど様々な果物味がするのが特徴」とし、新品種を積極的に知らせ始めたのだ。

問題はメーカーが「ぶどうの卵がハートの形だから<マイハート>とも呼ばれる」と紹介したこの「レッドシャインマスキャット」ぶどうが日本の山梨県が2013年に育成した「マイハート」という点だ。<シャインマスキャット> <ルビロマン>に続き、再び日本品種が無断流入された事例だ。

韓国に持続的に自国品種が流出していることに対して、最近日本政府と地方自治体は積極的に対応している。昨年、種子の海外流出を禁止する内容を盛り込んだ種子法改正案を施行したのに続き、最近は「ルビロマン」の韓国内商標登録を出願するなど「自国品種保護」に熱をあげる形国だ。しかし、<シャインマスキャット>と<ルビロマン>だけでなく、今回話題になった<マイハート>も開発6年以内に韓国に品種が登録されず、現実的に育成権者である山梨県が韓国産<マイハート>栽培・販売を禁止する方法はありません。さらに日本で広く名前を知らせた後、韓国に流入した「シャインマスキャット」「ルビロマン」の事例とは異なり、「マイハート」は日本で品種出願されてから5年後の2018年、すでに国内で生産・販売届出が完了した。と知られた。

このような事例が続くと、国内消費者の間でも批判世論が起きている。先月、日本の石川県が国内で<ルビロマン>商標登録に乗り出したという本紙報道(10月17日6ページ)以後、消費者たちは大部分「日本のブドウを許可なくこっそり持ち込むのは根絶しなければならない」という反応を見せた。普段、国産果物を好むというイ・ジョンアさん( 35・ソウル黒区)は「日本から許可なく入ってきた品種ということを知れば食べることが消えてしまう」とし「品種コピーで有名な中国を貪りながら韓国でも同じ行動をするのは国際的恥ずかしい」と言った。

一部の消費者はまた「<ルビロマン>の事例を参考に、韓国でも優れた新品種を開発することを望む」という意見を提示した。海外品種を無断で持ち込む代わりに、私たちだけの育成能力を育てなければならないという意味で解釈される。

一方、このように続く日本品種無断流入に対して専門家らは異色品種を容易に発掘し、広報しようとする流通業者の行動が国内ブドウ産業にむしろ悪影響を及ぼしていると指摘する。流通業者が国内で開発された新品種の代わりに許可なく持ち込んできた海外品種を「異色品種」「プレミアム品種」などに浮かべるマーケティングが無断流入を煽るという意味からだ。

実際に<マイハート>販売を始めた流通業者側は「<シャインマスキャット>販売初期探している顧客が増えて国内栽培農家が一緒に増加して大衆的な果物になったようにレッドシャインマスキャット(<マイハート>)も認知度を高めて好循環効果を出したい」と明らかにした。

2022.11.18 午前5時01分(韓国語)
https://n.news.naver.com/mnews/article/662/0000009985

大韓民国


韓国は朝鮮半島の南半分に位置する東アジアの国で、非常に厳しい軍事境界線が北朝鮮との間にあります。韓国はまた、桜の木や数百年前に建てられた仏教寺院が点在する緑に覆われた丘陵地帯や、海辺の漁村、亜熱帯の島、首都ソウルのようなハイテク都市でも知られています。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

どうせ、すぐに育てられなくなるって

ぶどうって土地によって味が変わるピーキーな果物らしい

不味いからって加工品で輸出するのもやめてくれ

もうトンネル完成してんじゃねえの?

流入とかよくそんな厚かましいことが言えるもんだ。

種苗法って何なんw

こうなったら特別な配合肥料がないと育たない物を作らんといけんな



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認