政府、少子化対策で自営や非正規に『月2~3万円』出産後給付を検討

自営や非正規に出産後給付を検討 月2~3万円案、少子化対策で

記事によると…

・政府は、自営業やフリーランス、非正規で働く人向けに、子どもが生まれた後の一定期間、現金を受け取ることができる制度の創設に向け検討に入った。月2万~3万円程度を想定。子の年齢が低い時期の経済支援を広げ、少子化対策につなげる狙い。複数の関係者が19日、明らかにした。

・給付の期間は、子どもが1~2歳になるまでが浮上。一律に定額支給する方向で検討を進める。今後の調整で、給付額が変動する可能性がある。

2022年11月19日
https://www.47news.jp/8592834.html

少子化


少子化とは、 出生数が減少すること 出生率の水準が特に人口置換水準以下にまで低下すること 子どもの割合が低下すること 子どもの数が減少すること を指し、いずれの意味であるかは文脈による。 長期的に人口が安定的に維持される合計特殊出生率を人口置換水準という。国際連合は先進諸国の人口置換水準を2.1と推計している。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

例えば紙おむつ、粉ミルク等を非課税にした方がよくない?

違う、そうじゃない。経済を再建し、正規雇用を増やすことこそ少子化対策になる。

また小手先政策かぁ…。

子育て経験無いから知らんけど、そんなもんで子供育てれんの?無理だら

ひどすぎやろ

少子化対策…?誰の案?もうちょっとマシな案無かったの?奨学金の返済免除をお願いしますよ。

給付額までせこくなってきたなぁ…なにがやりたいんだか💦



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認