尾身会長「“第8波”は緊急事態宣言や重点措置出しても意味がない」「一番はワクチン」

尾身会長に単独インタビュー「“第8波”は緊急事態宣言や重点措置出しても意味がない」対策や見通し明かす

記事によると…

・【第8波の対策は?】
*政府分科会 尾身茂会長「第8波と言われているが、これから間違いなく拡大する。そのときに社会経済は止めようとする対策はやらない方が良いと思う。今回は(行動制限を要請する)緊急事態宣言や重点措置を出しても意味がないと思う。一番はワクチン。若い人は換気の悪いところではマスクをするということ」

【3年間の対策の方針は?】
*政府分科会 尾身茂会長「日本がいまだにマスクをして他の国より遅れているという声がある。しかし日本の人口10万人あたりの死亡率は圧倒的に低い。ロックダウンをやる国もあった。スウェーデンは最初から感染を許容しようという国。中国はゼロコロナ政策。スウェーデンと中国は両極端。日本は当初から両極端の中間をいくことにした。日本の文化が中庸ということではなく、この病気をゼロにすることはできないという我々の判断。ある程度感染を抑えながら、死亡者を減らしていくという作戦をとった」

【感染症法上2類・5類の議論は?】
*政府分科会 尾身茂会長「2類から5類にすると言っても、今は2類そのものをやっているわけではない。現実的には5類に近い。法律を変えれば、すべてが解決するというわけではなく、オミクロン株の特性に合わせて何が求められるかという議論をすべき。今もっと必要なことは、ワクチンをしっかり打ってもらいたい。高齢者は進んでいるが、比較的若い年代は思ったより進まない。これをどうやったらわかってもらえるかという方に政府は全力を尽くすべき」

【新型コロナ収束の見通しは?】
*政府分科会 尾身茂会長「ワクチンはこれから比較的早く開発できる。新しい株がきても。しかしワクチンがあってもウイルスはまた変わる。コロナのパンデミックが収束して、文字通り普通の生活に戻るためには、薬。100%効かなくても、安くてどこでも手に入るタミフルのような薬。感染して重症化する前に服用して重症化、死亡を防げる。こういう治療薬が出てくるとガラッと変わる」

11/15(火) 20:37
https://news.yahoo.co.jp/articles/3fdc64a67cc7c5e544b57222f9c61e27a905c993

尾身茂


尾身 茂は、日本の医師、医学者、厚生官僚、国際公務員。医学博士。
生年月日: 1949年6月11日 (年齢 73歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

よく分からない。「今回は緊急事態宣言や重点措置を出しても意味がないと思う。一番はワクチン。若い人は換気の悪いところではマスクをするということ」では今までは意味があったのか?ワクチン接種後逆に感染者数が一気に増えたことはなぜ無視?若い人はマスクって?

とにかく、ワクチンだけは打たせたいんやな。打ったって、陽性者は減らんがね。ホンマに重症化予防できてんの?死ぬ人増えてるやん。超過死亡の責任とらな。

何が何でも意味がなかった、間違っていたと認めたくない尾身氏。

正直これまでを見ている限り、彼は解任が妥当でしょう。毎回「第〇波。警戒を。mRNAワクチンを」と繰り返すだけならば誰でも言える内容です。肝心なのは、過去の施策の徹底的で厳格な検証と改善、精査でしょうから。

とはいえ、他の目的があって雇われているのならば話は違ってきますが。

あまりよくわかってない近所のオジイチャンが言うようなことを仰ってますよね。いろいろ破綻している。

科学も論理もない。もはや新しい波が来るごとに唱える呪文。

この人が会長だから、そもそも意味のない会



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認