【レーダー照射問題】海上幕僚長「ボールは韓国側に」 「2つの問題が明確にされない限りは防衛交流を推進する状況ではない」

海上幕僚長「ボールは韓国側に」 レーダー照射問題

記事によると…

・海上自衛隊トップの酒井良海上幕僚長は15日の記者会見で、平成30年12月に起きた韓国海軍駆逐艦による海自哨戒機へのレーダー照射問題に関し「ボールは韓国側にあると認識している。今後、韓国側から整理された回答があると認識している」と述べた。

酒井氏は、レーダー照射問題と韓国による自衛艦旗(旭日旗)の不当な排斥を日韓の防衛当局間の問題として挙げた上で「2つの問題が明確にされない限りは防衛交流を推進する状況ではない」と強調した。

2022/11/15 15:39
https://www.sankei.com/article/20221115-ZYQ7KTFYN5JXRMCCWN647C34XA/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

酒井良


酒井 良は、日本の海上自衛官。第35代海上幕僚長。
出生地: 滋賀県
生年月日: 1962年12月16日 (年齢 59歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

幕僚長😭 ごもっともです👏

冬眠したリスのようにボールをどこかに埋めて忘れるまでがテンプレ

ほんまや!ボール何個持ってんねん!

どうせまた文句言い出す

その通り❗️岸田さんそれはキッチリ伝えたでしょうね。

こっちゃあ 隊員の命の危機にさらされたんやで❗️ なぁなぁでは済まされんで

岸田に教えてやれ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認