元新聞販売店主、「押し紙」で新聞社を提訴 “不要な新聞の仕入れを強制された”

西日本新聞を「押し紙」で提訴、約5700万円求める 佐賀県の元販売店主

記事によると…

・佐賀県の元新聞販売店主が、不要な仕入れを強制される「押し紙」被害にあったとして、西日本新聞社を相手取り、約10年分の押し紙の仕入れ代など、計約5700万円を求めて福岡地裁に提訴した。福岡・佐賀押し紙訴訟弁護団が11月15日に明かした。提訴は11月11日付。

訴状によると、この店主は2005~2021年まで、最大で3店舗の販売店を経営。新聞社からの仕入れに占める押し紙の比率は、2013年7月~2015年5月に20%超で推移するなど、およそ半数の期間で10%を超えていたという。

不要な新聞の仕入れを強制された結果、経営が困難になり廃業を余儀なくされたと主張している。

11/15(火) 17:13
https://news.yahoo.co.jp/articles/8a5fa1b988b6b2301c4f7f31193b985ebb6c3958

西日本新聞


西日本新聞は、福岡県福岡市に本社を置く株式会社西日本新聞社が発行している日刊新聞。ブロック紙に分類される。北海道新聞、中日新聞と共にブロック紙3社連合を結成している。ブロック紙3紙の中では最も販売部数が少ない。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

全国の新聞販売店店主の皆さん、続け!

頑張れ販売店!

推して知るべし。

よっしゃー 販売店がんばれ!

朝日も毎日も続け‼️

これはどこでもおきてそう

かさ増しして それを広告料の根拠にしてたら 詐欺だよなあ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認