梨泰院雑踏事故の生存者「原因は『国』と『大人たち』だ」「謝罪されたい気持ちはますます大きくなっている」「参加者に過ちはない」

「自らが気持ち悪かった」梨泰院生存者の告白…ひとつも悪質コメントはなかった

記事によると…

・先月29日の梨泰院(イテウォン)での転倒事故現場で商人らによってかろうじて救助された女性のAさん(33)は2日からオンラインコミュニティを通じて自身の心的外傷後ストレス障害(PTSD)相談日誌などを投稿して世間の耳目を集めている。事故の原因と責任をめぐるさまざまな主張と感情表現が乱舞する社会に向けて話しかけることを始めたのだ。

(略)

・◇「私たちに過ちはない」

事故発生初期には「謝罪したい気持ち」と「謝罪されたい気持ち」がAさんに共存したという。

心理相談で自責感などは少しずつ減らしているが、謝罪されたい気持ちはますます大きくなっている。

Aさんは「(若者たちが)遊んでいて事故が起きたという考えがあるためまともな謝罪がなく謝罪がなければこうした惨事は何年か後にまた繰り返されるだろう」と話した。

事故生存者である彼女が指摘した事故の原因は「国」と「大人たち」だ。

「群衆密集に対するマニュアルがなく、(責任者が)人生に対する多様性の尊重の仕方を知らなかった」ということだ。そのためAさんは来年のハロウィーンにも梨泰院に行く計画という。「いまからでも若者たちに話してください。遊ぶことと梨泰院には罪がなく、私たちは安全な国の中で思う存分に遊んで日常を楽しむ権利があるということを」。

その日の梨泰院を隠さないことにしたのはAさんがすべてではない。SNSには事故当日に現場にいた人たちの投稿が相次いで上がっている。

Aさんが相談日誌を通じて「懐かしい」と書いた男性たちも同じだ。事故当日に梨泰院で「緑のおばさん」の仮装をしてハミルトンホテル周辺で交通整理をしていたハム・ヒョクジュさん(32)は6日、自身のSNSに「10・29梨泰院のあの日。

恥ずかしいこともなく間違ったこともなくただ残念だったあの日」という文を載せた。

ハムさんら一行15人は交通整理を終えて食事をしに行き事故を避けられたという。

その後現場に戻って心臓マッサージなど救助活動を助けた。

ハムさんはこの日の通話で「梨泰院とハロウィーンをタブー視する文化は間違っていると考える。

ハロウィーンやイベントに参加した人たちには過ちはない」と話した。

「『危険なところに行った』『西洋文化だ』と非難するが、誤っていない人たちが誤った非難を避けて隠れる必要はないと考えます」。

2022.11.08 09:30
https://japanese.joins.com/JArticle/297471

梨泰院


梨泰院は、韓国のソウル特別市龍山区にある地区である。李氏朝鮮時代の駅院のひとつ。ソウル地下鉄6号線の梨泰院駅がある。 住所の上では梨泰院1洞、梨泰院2洞である。ただし、一般に、この地域のランドマークであるハミルトンホテル周辺地域を指す。アメリカ軍人、外国人観光客が多く訪れ、1997年観光特区に指定された。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

謝罪がなければ繰り返される?違うだろ。学習するだろ、普通。そういった場所は危険なんだと。

君らが懲りずに梨泰院にいくなら、いつかまた同じ惨事が繰り返されるでしょう。なぜなら同じ「過ち」を繰り返す人がいるからです。

┐(´д`)┌ダメダコリャ

日本人は行かないようにしましょうねってだけの話

何も学んでいない…

なんでも人のせいにする

つまりハロウィンの日は梨泰院立入禁止にしたらええんやな



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認