【DAIAMOND】やっぱり増税地獄、「100万円ステルス負担増」も…岸田政権の仰天プラン

やっぱり増税地獄、「100万円ステルス負担増」も…岸田政権の仰天プラン

記事によると…

・「参議院選挙で自民党が勝利すれば増税が待っている」――。筆者が5月末の記事で書いたことが現実のものとなりつつある。消費税率のさらなる引き上げに、所得税や法人税のアップといった話が岸田政権や与党幹部から噴出している。さらに、知らぬ間に家計負担が増加しかねない「ステルス負担増」の話も浮上している。岸田政権が進めている仰天プランを追う。

● 岸田首相は消費税率の引き上げを 「10年は考えていない」はずが…

● 動きだした政府税調 消費税率「10%では財政が持たない」

● 自民・公明の税調も防衛費増額で 「所得税の増税」を想定

● 「黄金の3年」を手にした岸田政権に 財政再建派が増税を期待か

● 約100万円の家計負担増につながる 「ステルス負担増」の案まで

11/8(火) 6:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/4aac145e24dc150b3f69e09463720af18c3cb0a9

関連ツイート

岸田文雄


岸田 文雄は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、内閣総理大臣、自由民主党総裁、宏池会会長、自由民主党広島県連会長。 内閣府特命担当大臣、消費者行政推進担当大臣、宇宙開発担当大臣、外務大臣、防衛大臣、自由民主党国会対策委員長、自由民主党政務調査会長などを歴任。 中小企業庁長官、衆議院議員を務めた岸田文武は父。
生年月日: 1957年7月29日 (年齢 64歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

騙し討ちの大増税、統一教会問題と岸田政権は何をしているのか? これでも国民は自民党支持するのか?

利権団体の話ばかり聞いて、国民の財布に手を突っ込む岸田首相。国民のためを思うなら全ての増税を停止、むしろ減税して利権団体を説得するのが政治家の仕事では。利権保護のために国民に増税の説得をするのは、話を聞く相手を間違えている!

政治家は票欲しさにバラマキをやる。しかし負担は国民に押し付ける。こうして選挙の度に税負担が増える。だから民主主義には国民負担上限が必要。

自民党は少なくとも議席減らさんといかんしあと自民を追認してる公明党も議席減らさんとな。

まあ、歳出削減する気が無いし、政府税調は御用学者ばかりだし💦

事後苦となら無い様に、しっかり政治を見守る必要があるねー☝️☹️

もはや財務省は岸田政権を捨て駒にして増税実現しようとしている感
やっぱり増税地獄



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認