財務省、超富裕層(年間数億円超)に増税検討 

超富裕層に増税検討 財務省「1億円の壁」是正目指す

記事によると…

・所得の多い富裕層ほど税負担率が低くなる逆転現象を是正する動きが出ている。財務省は所得が年間数億円を超える人を対象に税負担を引き上げる検討に入った。所得の種類にかかわらず公平な仕組みとして、所得総額に対して一定の税を求める案がある。政府が進める創業支援に逆行しない設計が必要になる。

逆転現象は所得ごとの税率の違いで生じる。給与は高額になるほど税率が上がる累進制で、所得税の最高税率は45%だ。分離し...(略)

2022年11月7日 20:00(有料会員)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA14CVB0U2A011C2000000/
『日本経済新聞』のご購読お申し込みはこちら

富裕層

富裕層とは、一定以上の比較的大きな経済力や購買力を有する個人・世帯。又は、より広く捉え直した上で細分化して、富裕層若しくは超富裕層 などの用語が使用される。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

こんなんしたら益々日本の金持ちが海外行に出てしまって貧乏人しか残らないんじゃね?🤔

んー、今じゃないな。先に低所得層の減税しなきゃ。順番が違う。

いいぞ。これは累進課税という基準からみた公平性確保に関する問題。創業支援とか関係なく、まず公平な租税環境を整えることから出発してもらいたい。

しかしまあ、懲りずに増税の話ばかりやな。大概にしとけ!

コレを一番先に進めろよ

金持ちが日本から出てって、支援を必要とする貧乏人の割合がどんどん増え、社会保障費がぁ〜とか言って増税され、また金持ちが日本から消え、最後には日本が貧困国に成り下がる未来を狙ってる?

良い落とし所なんじゃなかろうか。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認