【動画】不法滞在者 「“日本はおもてなしの国だ” なんてよく言えるよな」

「“日本はおもてなしの国だ”なんてよく言えるよ」日本の入管収容所の実態を記録『牛久』予告編

記事によると…

・日本の入管収容所の実態を映したドキュメンタリー映画『牛久』が2月26日より公開される。このほど、本作の予告編がお披露目となった。

在留資格のない人、更新が認められず国外退去を命じられた外国人を“不法滞在者”として強制的に収容している施設が全国に17カ所ある。その一つが茨城県牛久市にある“東日本入国管理センター”、いわゆる「牛久」だ。この施設内には、本作の出演者のように、紛争などにより出身国に帰れず、難民申請をしている人も多くいる。しかし、彼らの声を施設の外に届ける機会はほとんどない。本作は、厳しい規制を切り抜け、当事者達の了解を得て、撮影されたものである。トーマス・アッシュ監督は“隠し撮り”という手法で、面会室で訴える彼らの証言を、記録し続けた。命を守るために祖国を後にした者、家族への思いを馳せる者…。「帰れない」現実を抱えた一人一人の実像を捉える。

予告編では、作品に出演する当事者たちの面会室から語られる数々の言葉、「邪悪」という収容所内の実態、また、国会で繰り広げられる『「帰らない」のではなく「帰れない」人たち』と訴える議員の様子など、知られざる日本の不都合な真実と人権侵害の実態が映し出される。

2022年1月26日
https://moviche.com/contents/news/215927/

出入国在留管理庁


出入国在留管理庁は、日本の行政機関のひとつ。出入国管理、中長期在留者および特別永住者の在留管理、外国人材の受け入れ、難民認定などの外国人関連の行政事務を併せて管轄する法務省の外局である。日本語略称・通称は、入管庁。 法務省の内部部局であった入国管理局を前身としている。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

来いと言った記憶はない

不法に滞在しといて もてなしてもらおうとか ちゃんちゃらおかしいわ😒

何で、入管に「おもてなし」が必要やねん。

無法者へのおもてなしは罰。

もてなす側にも相手を選ぶ権利があります。

不法滞在者なんて犯罪者やん。おもてなしの対象外。祖国にたすけてもらえば。

無法者は「お・こ・と・わ・り」



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認