鳥取県、現代アート作品(箱)を約3億円で購入 → ネット『うーん、微妙』『アートは人それぞれ』

「憤りに近い」「なぜこんな大騒動に?」 ウォーホルの「箱」約3億円で購入 県による住民説明会で賛否

記事によると…

・3億円の「箱」は高すぎるのか…

鳥取県が新しくオープンする県立美術館の目玉として、アンディ・ウォーホルの現代アート作品を約3億円で購入したことに対し、賛否の声が多く寄せられため、3日、鳥取県米子市で県による住民説明会が開かれました。

・問題となっているのはポップアートの巨匠、アメリカのアンディ・ウォーホルの作品「ブリロの箱」。

2022年11月3日(木) 20:00
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/195347

鳥取県


鳥取県は本州南部に位置し、日本海に面しています。東部には、日本最大の砂丘、鳥取砂丘が広がります。その近くにある砂の美術館には、精巧な砂の彫刻が展示されています。県庁所在地の鳥取市には、仁風閣というフランス ルネサンス様式の邸宅や、桜の名所にも選ばれている久松公園があります。久松山の山腹にある鳥取城跡からは、鳥取市内を一望できます
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

「数年後、行方不明で大騒ぎになって 何も知らない職員さんが畳んで資源ごみに出していた事が判明」 までの未来が読めたw

買った時は3億でも売る時には二束三文かもね。

うーん、微妙😅🤒

いらないならくれ

そうなるよね アート人それぞれ

鳥取県が3億円出して買うようなもんじゃないだろうな。

言っちゃなんだがこれがどうこう以前に鳥取にそんなことしてる余裕あんのか?



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認